コンサルティングサービス

CustomForecast(カスタムフォーキャスト)のご紹介

中小企業の経営者の声に応える需要予測システム(需要予測ソフトウエア)が誕生しました。

「非常に高価で操作の難しいソフトウエアしかない」という中小企業の経営者からの声に応える需要予測システム(需要予測ソフトウエア)が誕生いたしました。

販売計画業務はあらゆる企業において必須でかつ重要な業務です。多くの企業では、残念ながら「カンと経験」による予想に基づく販売計画を立案していることが現状です。販売計画の精度を向上することが、適正在庫を実現し、企業のキャッシュフローを改善することになります。

大阪府立大学における「各種予測精度の向上に関する研究」

過去の販売データの時系列分析に基づく、直近の販売予測分析は古くからあるテーマです。ところが、重要な業務であるにもかかわらず企業が業務で使用出来るシステムやソフトウエアについての研究がなされていませんでした。

これまでの時系列分析の弱点を改良した新たな時系列解析手法が発表され、需要予測システム(需要予測ソフトウエア)として製品化いたしました。
少し難しくなりますが、これまでの時系列解析では、対象が定常確率過程であることを前提とした線形モデルであるが、世の中の時系列データは、定常確率過程でないことが通常です。
今回の研究において、時系列解決手法として、ARモデル、ARIMAモデル、指数平滑法など様々な手法を現実のデータを対象に分析し、改良し、より良い販売予測モデルの導出方法が考案されました。

大阪府立大学における「各種予測精度の向上に関する研究」

これまでの時系列分析の弱点を改良した新たな時系列解析手法が発表され、需要予測システム(需要予測ソフトウエア)として製品化いたしました。
少し難しくなりますが、これまでの時系列解析では、対象が定常確率過程であることを前提とした線形モデルであるが、世の中の時系列データは、定常確率過程でないことが通常です。
今回の研究において、時系列解決手法として、ARモデル、ARIMAモデル、指数平滑法など様々な手法を現実のデータを対象に分析し、改良し、より良い販売予測モデルの導出方法が考案されました。

 

| トップページ | ソフトウエア製品 | コンサルティングサービス | 企業情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ |