ソフトウェア製品

製品概要

Smart Forecasts®(スマートフォーキャスト)とは

SmartSoftware社(米国マサチューセッツ州ボストン)が開発した需要予測システム(需要予測ソフトウエア)です。1985年に初バージョンをリリースして以来、米国ではデファクトスタンダードなシステムとなっており、APICSから企業の競争力向上に貢献したと表彰されております。現在では、欧米を中心に10,000社以上に導入されています。

APICSとは、1957年に設立され、全世界に300以上のチャネルパートナーを抱え、SCM(サプライチェーンマネジメント)と運営管理を専門とする世界的な団体です。

需要予測システム(需要予測ソフトウエア)SmartForecasts(スマートフォーキャスト)の最大の特徴は、今まで予測が困難とされてきた間歇型(不規則型・離散型)の特性を持った時系列データの需要予測機能を有していることです。これは間歇予測機能とよばれ、米国科学財団がスポンサーとなって開発され、米国特許を取得しております。

間歇予測機能とは

間歇型(不規則型・離散型)の特性を持った時系列データは、サービスパーツや補修部品などの需要特性です。具体的には、・突発的に需要が発生する、・時系列データに実績がゼロの割合が多い、・周期性・季節性などの規則性が無いなどの特性があります。

このような需要特性を有する時系列データについて、米国科学財団(U.S. National Science Foundation)がスポンサーとなり、SmartSoftware社が中心となって研究が行われ、画期的な予測手法(間歇予測手法)が開発されました。

この間歇予測手法では、モンテカルロ法の一つである統計的推論の手法であるブートストラップ法が採用されています。

 

完全自動予測機能

需要予測システム(需要予測ソフトウエア)SmartForecasts(スマートフォーキャスト)は、コンスタントに実績があるような連続型の特性を持った時系列データに対しては、6種類の予測統計手法により、予測を実行します。

連続型の時系列データの特性には、トレンド特性、周期特性、季節特性、さらにノイズが含まれますが、需要予測システム(需要予測ソフトウエア)SmartForecasts(スマートフォーキャスト)は、その特性を分析し、最適な統計予測手法が完全に自動で選択されます。

SmartForecasts(スマートフォーキャスト)が選ばれる理由

需要予測システム(需要予測ソフトウエア)SmartForecasts(スマートフォーキャスト)は、連続型の特性の時系列データの予測には完全自動予測を適用し。間歇型(不規則型・離散型)の特性の時系列データには間歇予測を摘要することが可能です。

個々の時系列データのアイテムに対して、サービスレベルを指定することにより、需要予測値とサービスレベルに従った必要な在庫量(安全在庫)の情報を得ることが出来ます。在庫の適正化を実現するための調達量(生産や仕入など)の最適化を図ることが出来ます。

また、SmartForecasts(スマートフォーキャスト)には、画面上の時系列データや予測データのグラフを検証し、予測データの直接の修正あるいは、時系列データを修正して再予測の実行が可能など、対話形式での予測調整作業が出来る機能を備えています。

需要予測業務に必要な機能は、全て標準装備されており、操作が容易でかつ処理速度も非常に速い意思決定支援ツールとして多くの企業に採用されています。

| トップページ | ソフトウエア製品 | コンサルティングサービス | 企業情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ |